でじたる幼稚園

「こどもでもわかるカンタンな説明」を目指します!

WordPress

ワードプレスの有料テーマにGoogleAnalyticsタグを入れるときは子テーマに!

投稿日:

GoogleAnalyticsにタグを入れるとき、

よく「functions.phpにタグを入れましょう」と書いてあります。

ワードプレスで有料テーマを購入すると、「親テーマ」と「子テーマ」をインストールし、「子テーマ」を有効化している場合がほとんどだと思います。

ワードプレスで「外観」から「テーマエディター」に飛び、「functions.php」を探すと、「親テーマ」と「子テーマ」両方に「functions.php」ファイルがあります。

結論、「子テーマ」の「functions.php」にタグを入れるのが正解です。

なぜ子テーマに入れるの?

親テーマにGoogleAnalyticsのタグを入れても問題なく動きます。

ただ、テーマのアップデートがあった時に「functions.php」も上書きされ、GoogleAnalyticsのタグが消えてしまいます。

そのたびにタグを貼りなおすのは面倒なので、子テーマに入れておくことをおすすめします。

なぜプラグインでGoogleAnalyticsのタグを入れないの?

プラグインを使えば簡単にタグを入れることができます。

ただ、プラグインを入れると、サイトが重くなったり、プラグイン同士が干渉してサイトに不具合が起きることがあります。

サイトに不具合が起きたら、プラグインを一つ一つ停めて不具合が直るか確認しなければいけません。

面倒なので、プラグインを入れなくても対応できるものは、私は極力入れないようにしています。

GoogleAnalytics管理画面からタグをダウンロード

ログイン後、左下の「管理」をクリック。

アカウントを作成をクリック

必要項目を記入。

チェックボックスはすべてチェックを入れる。

トラッキングIDを取得をクリックすると、

タグ発行前の利用規約に同意。

チェックを入れて進む。

 

タグ発行完了!

wordpressの子テーマの「functions.php」にGoogleAnalyticsタグを貼る

タグをコピーしたら、子テーマの「functions.php」へ移動。

「functions.php」の一番上に貼りました。

これで完了です。

広告

広告

-WordPress

Copyright© でじたる幼稚園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.