WordPress

【ワードプレス】画像が荒いときの直し方

WordPressは、画像をアップロードすると、自動で画質を90%に下げる設定になっています。

写真をきれいにみせたいブログの場合、これを100%にする設定方法を記録します。

functions.phpを編集→有料テーマを入れている人におすすめ

テーマを更新したらもとに戻るので、有料テーマを設定していて、頻繁にテーマを更新しない人におすすめです。

WordPressの《外観》→《テーマの編集》→《functions.php》に以下の記述をする。

サーバーのPHPのバージョンが5.3以上の場合は、以下のコードをfunctions.phpの最下部に貼り付けて下さい。

add_filter(‘jpeg_quality’, function($arg){return 100;});

サーバーのPHPのバージョンが5.2以下の場合は、以下のコードをfunctions.phpの最下部に貼り付けて下さい。

add_filter(‘jpeg_quality’, create_function(‘$arg’,’return 100;’));

これでWordPressにアップロードした画像を100%の状態を保ったままにできる。

 

実行したら、見事に画像がきれいになりました。

過去の記事も全部きれいになってくれないかなと思っていましたが、過去の記事の写真は汚いままでした。

アップするときに画像を劣化させないっていうコードなので、冷静に考えたら当然でした。

deprecated.phpを編集→無料テーマでテーマが更新される人におすすめ

ワードプレスのバージョンを更新したらもとに戻るので、注意が必要です。

画像をアップロード時、自動で画質を90%に下げる設定が無効化されているテーマもあるようですが、アフィンガー4は無効化されていませんでした。

WordPressがアップロードされてるフォルダの中にある、《wp-includes》→《deprecated.php》というファイルに、《$jpeg_quality = 90》という記述があります。

これは、画像をWordPressにアップロードした最、画像を90%に圧縮するという記述です。

この《90》の部分を《100》に変えることで、画像を圧縮せず、そのまま100%の状態でアップロードできるようになります。

《wp-includes》→《deprecated.php》は、サーバーから直接探すか、FTTPソフトでアクセスしないといけません。

バックアップを取ってから編集することをおすすめします。

ちなみに、このサイトは写真はそこまできれいにする必要はないので、90%のままです。

トップページをスクショすると下のように文字も画像は落ちますが読める感じです。(スクショはpng、ファイルサイズはフルサイズで設定)

サイトが重くなるのでむやみに設定しないほうがいいと思いますが、サイトボリュームが少なく、写真に力を入れていたり、文字をはっきりさせたい方にはお勧めです。